LIFENote

気ままにブログを書いてます。

Windows10が重い時の改善策。「Windowsディフェンダー」を完全無効化して軽くする

Windows10って結構動作が重いですよね。

「Windows7からアップグレードしたけど、前のほうがサクサク動いてよかった!」という人は多いと思います。私はそう思ってます。

と、そんなWindows10の重さに苦しむ方に1つの解決法をおくります。根本的な解決にはなっていないのですけどね。
ちなみに、後半の内容は少し上級者向けとなってしまいますので、パソコンに詳しくない方は難しいかも・・・。

まずは、設定を見なおして軽量化

Windows10が重いのは、だいたい裏で余計なサービスやプロセスが起動してるのが原因なので、設定である程度は軽量化できます。

http://pc-karuma.net/windows10-optimize-better-performance/
基本的なことはこちらのサイトに詳しく書いてあるので、参考にするといいと思います。

Windowsディフェンダーを完全無効化

以下のサイトを参考にしたらできました。時間を置いたら復活するのではなく、完全に無効化できました。

http://boxil.jp/magazine/151024_win10_defender/
→新規レジストリを作成し、データ値を0にしても、無効にはならなかった。
http://ambiesoft.fam.cx/blog/archives/3718
→このサイトがいうように、レジストリのデータ値を0ではなく、1にして再起動したら無効化できた。

これによって、ウイルスに対する防御力は下がりましたが、いくらかメモリが軽くなりました。とはいえ、まだまだ少し重いです。

(おまけ)無料OS「Ubuntu」をインストール

Windows10を軽くしようと、何度か設定を見なおしてみましたが、あまり劇的な変化は得られませんでした。まあ、うちのパソコンちゃんのスペックのせいかもしれません。


そこで、いっそのことWindows10ではない別のOSを使おうと考え、無料のlinuxOS「Ubuntu」をインストールしてみました!Windows10も残しておきたいので、デュアルブートという形を取りました。

そうしたところ、なんと劇的に動作が軽くなりました!びっくりするくらいサクサク動きます!笑

Windows対応ソフトは使えなくなっちゃいますけど、フリーOS使ってみるのもありですよ!なかなか快適です。


インストール方法に関しては、少し複雑なので興味がある方は「Ubnuntu インストール」とかで調べてみて下さい。紹介できなくてすみません!