LIFENote

24歳大卒フリーターがいろいろ書いてます。

Lenovo H520SにGTX 1650グラボつけたら、ロゴから先に進まない現象

おひさしブログ!(さっき思いついた挨拶)

いきなりですが、先日グラボを買いました。
もともとグラボのないPCでゲームを楽しんでいたのですが、もっと高性能なゲームをやりたいと思ってグラボ購入に踏み切った次第です。

グラボを取り付けると、ロゴから進まない!

ただ、買ったはいいものの、いざグラボを取り付けて起動してみると、Lenovoのロゴから先に進まない現象。あとピーって短音1回のビープ音も鳴ります。

以下、試したこと

・電力不足かと思って電源ユニット変える→変わらず
BIOS設定いじる→そもそも変えられる項目がほとんどない
CMOSクリア→何回かやってみたけど、起動してもまたLenovoのロゴが出るだけで、BIOS再設定画面?にならずCMOSクリアができてない模様。やり方は間違ってないはず・・・。ボタン電池外した自然放電も試したし、ジャンパー3ピンを使ってショートもさせてみたし。なのになぜCMOSクリアができないのだろう・・・?

一番有力候補が「CMOSクリア」だったけど、それがまったくできなかった。僕の調べた限りではCMOSクリアができない報告自体あまり見なかったし…CMOSクリアできないパソコンとかあるのかな?


ともあれ、いろいろ調べてみたところ、今回買ったグラボとマザーボードの相性が悪いだとかなんとか。
最近のグラボと古いマザーボードの相性が悪い」って説が有力です。

PC構成

ちなみに今使ってるPCは
Lenovo H520S 
store.shopping.yahoo.co.jp

買ったグラボは
MSI GeForce GTX 1650 4GT LP


ぶっちゃけ高いお金だして、ちゃんとしたゲームPC買ったほうが楽なんだろうけど、
あまりお金をかけたくない身としては、グラボ取り付けだけでなんとかしようとしたのがよくなかったのかもしれません。
もしくは、もうちょい古めのグラボにするべきだったかも?いずれにせよ初心者が手を出すべきではなかった…

2-3日あれこれ試行錯誤してましたがさすがに今回は諦めるしかないかなー。
Amazonは商品到着後30日以内なら返金で50%はかえってくるみたいだけど、どうしたものか・・・


追記 2019/11/08
返品したら全額返金できました。Amazonに感謝。

「胃もたれ」は食べ方を変えるだけで断然よくなる!

僕は食べても太れないタイプの痩せ型人間なのですが、もう少し体重を増やして筋肉をつけたいので、意識的にたくさん食べることがあります。

でも、たくさん食べ過ぎると胃もたれや消化不良に悩まされることが多いんですよね。


きっと似たような悩みを持つ方は意外と多いのではないでしょうか。

そこで、同士たちに向けて、胃もたれがマシになって、たくさん食べられるようになった方法を紹介してみます。お金もかからないんでぜひ。

とにかくよく噛む!ドロドロになるまで!

よく噛むこと。これに尽きます。「そんなことわかってるよ」とか「自分は十分噛んでるよ」という人もいるでしょう。

それでも、さらによく噛みます。とにかくよく噛むことです。

一口30回噛むみたいな回数は気にしなくていい。ただ、とにかくよく噛んで、唾液と混ざってドロドロになるくらいまで噛む。

早く飲み込みたい気持ちを抑えて、「これで胃もたれがなくなるなら!」とよく噛みましょう。

食事中の水は飲まない方がいい

あとは、なるべく食事中に水を飲まないこと。胃が健康な人はいいですが、胃もたれしやすい人は食事中に水分を摂りすぎると胃液が薄まるためか、消化が遅くなることが多いです。

実は、食事中に水分を取るか否かはどちらが正しいとは断言できないのですが、僕個人としては、水を飲まないほうが調子が良かったです。

そもそも食事中に水を飲みたくないと感じるんですよね。

なので僕は味噌汁やスープが出されても、最後に少し飲む程度にしています。

まあ、そのあたりは自分の欲求に合わせて飲んだり飲まなかったりしてください。

立ち食いで消化がよくなる

行儀はよくないですが、立って食べる「立ち食い」も消化が早くなるように感じます。消化を邪魔しない姿勢を取るのがいいんでしょうか。

そういえば、フィンランドでは立ち食いを政府が推奨してるらしいですね。消化がよくなるとかは書いてないですが…
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/161253

死にたい人への救いになれば。パニック障害の経験も交えて話します

夏休み明けの子供が自殺率が高い、みたいな話があったので、それについて思ったことをつらつらと書きます。

死にたいと思うのは悪くない

「死なないで」というのは一方的な都合の押し付けに過ぎない。
こっちは「死にたい」と思ってるのに、死なないでと返すのはあまりにもおかしい話。

それは、辛いと言ってるのに、そんなこと言わないでと返すようなものだ。


まるで死にたいと思うのがダメと言っているようなものじゃないか。
そんなことはない。死にたいと思うなら、その自分の感情は何も間違っちゃいない。

君は「死にたい」と思いつめてしまうほどに嫌なことがあったんだろう。だから死にたいと願うんだ。

だから、まずはその気持ちを認めてあげよう。こんなこと考えちゃダメだなんて考えない。自分が感じる感情に間違いなんてない。


そもそも、死にたいと思うほど辛い経験をしたことがない人の意見なんて、あまり真剣に聴くものじゃない。
そういう人に「死にたい」話をしたところで、なんとかなるよ、とか、死にたいなんておかしい!だとか言われるのがオチだ。

死にたいと思うレベルの辛さを経験した人じゃないとその辛さや苦しみを理解することはおそらくできないと思う。

事実、僕も人生が絶好調な時は死にたいなんて微塵も思わなかったし、純粋に人生をエンジョイしていたし。いわゆるメンヘラな人たちに対しても疎ましい気持ちが多少あったし。

パニック障害と自分

ちなみに自分のことも少し話すと、
以前は本当に辛くて死にたいと思う時期がありました。
僕は大学の時にパニック障害ぽいものを経験してから、だいぶ人生が変わりました。

このまま普通に就職して普通に生きていくつもりだったのに、それがうまくいかなくなってしまった。

ただ、僕が精神的に落ち込んで、最も救われたのは、「どんな不調や問題にも必ず原因がある」ということ。

例えば、パニック障害なんかは、「血糖値の急激な変動」(低血糖症)が原因となってるケースが多い。

こういう原因がわかれば対策もできる。
この場合は、普段の食事の摂り方に気をつければ症状はよくなるわけです。

実際、食事を変えてから、パニックの症状はかなり軽くなりました。多少の予期不安はありますが、まあなんとかなるでしょ、と思えるレベルにまでなりました。


たまに変な食べ方とかすると調子悪くなることもありますが、もう原因はわかっているので必要以上に焦ることはなくなりました。


僕が食事や栄養に強く関心を持つようになったのはこの経験があったからですね。「栄養士にでもなれば?」とまで言われます。笑

現実的なアドバイス

僕もまだまだ全盛期のような本調子とはいえませんが、かつての落ち込んでいた時期に比べるとかなり活力を取り戻したように思います。

パニック障害という症状と向き合ってこうして文章を書けているのが何よりの証拠ですね。


あんまりアドバイスらしいことは言えませんが、自分が悩んでいることがあるのなら、それにちゃんと向き合うのが良いかと思います。(でも、どうにもならないなら逃げましょう!)


「いつかきっとよくなるよ」なんて無責任なことは言いません。誰かが助けてくれればいいですが、人生なかなかそう上手くはいきません。

であれば、自分で行動するしかないわけです。


栄養のあるものを食べるとか、睡眠の質を高めるとか、自身のメンタルの状態を改善するための行動を積み重ねるのが一番現実的かつ効果的です。


もちろん、いきなりこんなふうに考えるのは難しいでしょう。

本当に辛い時はそんなやる気すら起こらないのですから。

そういう時はそれでいいのです。泣きたいなら泣いて、わめいて、もがいて、気の済むまで自分の感情を発散させましょう。
自分の感情にフタをしてはいけません。


そうしてちょっとがんばる気力が湧いてきたら、自分と向き合ってみて下さい。気が向いたらでいいですよ。

ネガティブなニュースや不快感を感じる情報を見るのはやめよう。自分の健康は自分で守る

愚痴やネガティブなニュースが嫌い

僕は、グチばかり言う人やネガティブなニュースを見ることが嫌いです。
理由は単純で、聴くと嫌な気持ちになるからです。

なんでわざわざ自分が不快になる情報を自分から取りに行くのが理解できない、とまで思ってますね。

僕は、うっかり見てしまうことを除いて、自分からネガティブな情報を見に行くことは絶対にないです。そういうのとは距離をおくのが一番です。

ネガティブな情報に触れるだけで脳の機能が低下する!

メンタリストDaiGoさんのブログでも言われてますが、ネガティブな情報に触れるのは、嫌な気分になるだけでなく、「脳の機能が低下する」というデメリットが存在します。
ネガティブなニュースを毎日見続けていたら・・・脳にはとんでもないダメージが生じてそうです。

毎日ネガティブな情報を見る人と、見ない人を比べたら、どっちが幸せな人間になるかはもう言わずもがなですよね。

他にも2004年の実験で、他人のネガティブな感情にさらされた人は脳の機能まで低下するということがわかっています。記憶をつかさどったり物事を論理的に考える力をつかさどる脳の海馬の活動が著しく低下しました。


1981年の実験では、たった2分間ネガティブな人を見るだけで脳の機能が低下したという実験もあります。


他にも2014年の実験で、ストレスが溜まって暗くなったりイライラしている人の映像を見るだけでストレスホルモンのコルチゾールのレベルがあがったというのもあります。


科学的には世の中にあふれている炎上系の動画やニュースは避けるのが得策なのは間違いありません。
引用元:なぜ世の中からネガティブなニュースがなくならないのか

ネガティブな情報をシャットアウトする立ち回りが重要

世の中には、怒りを感じるような許せない事件や出来事が報道されることが多いです。
これは、「人の脳がネガティブな情報に反応しやすい」性質を持っているため、そういうニュースのほうが、たくさんの人に注目してもらえるからです。

マスコミ側も仕事ですから、「そういう不快なニュースを流さないでくれ!」というのも無理な話であります。そこはもう仕方がないのです。


ですから、一般人の僕らにできることは、「なるべくネガティブな情報に触れないように立ち回る」ことです。

ネガティブなニュースというと、テレビが想起されますが、今やTwitterなどのSNSでもネガティブな情報は存在します。

だから、テレビやSNSを使う頻度を減らすとか、そういう情報とは意識的に距離を取ることが大切です。

(たぶん)行動改善に役立つ、超簡単でシンプルなノート術

自分が普段使っている情報システム、いわゆるノート術についてまとめてみました。
僕がかなりの面倒くさがり屋なので、なるべく簡単でシンプルなノート術に仕上がっております。

ほぼ自分用のメモ書きですが、よかったらご参考ください。

使用ツール
・GoogleKeep
Evernote
・Pocket

メモ代わりのGoogleKeep

基本的にはGoogleKeepをメインで使います。朝起きたら、タイトルを今日の日付にした「デイリーメモ」を作成し、それ1枚になんでもメモしていきます。

1日の終わりには、そのメモをそのままアーカイブして終了です。無駄に整理や見返しなどはしません。ただ蓄積するだけです。


書くことは本当になんでもよくて、起きた時間や食事メニューから、アイデアや考えたこと、嬉しかったことなど、書き留めたいと思ったことは何でも書いてます。
ライフログや日記としての役割もありますね。


時間を取って見返すことなどはしていなくて、たまになんとなく過去の日付のメモを眺めたりする程度です。

ただ、毎日メモを取っていると、「夕食遅かった日は翌朝疲れやすいな」とか、「しっかり朝食を食べた日は調子いいな」とかそういう良い行動や悪い行動が見えてくるので、毎日の行動改善にかなり約に立ちますね。

ノート代わりのEvernote

Evernoteは、主にマニュアルや記録を保存しておくのに使っています。パスワードややりたいことリスト、欲しいものリストなど、「必要時に見ればいい」だけの情報を格納しています。

あんまりEvernoteにたくさん情報を詰め込みすぎると、情報が多くなってストレスになりがちなので、Evernoteにはなるべく情報を最小限に抑えるよう意識してます。


一応カテゴリごとに、1テーマ1ノートみたいな感じで1枚に情報をまとめています。
実際、Evernoteのメモはほとんど見返すこともなく、いらなくなって捨ててしまうことが多いですね。


ただ、そんな中でも繰り返し見返すメモはいくつか存在するので、そういう「厳選されたメモ」のみを抽出してEvernoteに保管しています。
メモしても見返さなかったってことは、不要だったってことですからね。そういったメモはどんどん捨ててしまいます。

Webクリップ保存のPocket

ネットを徘徊していて気になった記事やブログ、YouTube上の面白い動画まで、それらすべてをPocketにぶちこんでいます。
Pocketはタグづけ機能もありますが、僕は特に使用せず、時系列でWebクリップを保存しているだけです。


たまに見返していらないWebクリップは捨てていますが、基本的に整理はしません。貯めるだけ。
そもそもデジタルツールには検索機能があるので、必要な情報は整理しなくても探せます。

そもそも整理しないで済むために

僕はメモの処理をする際、たくさんメモが溜まりすぎると、それがかなりストレスになって消耗してしまう傾向があります。

なので、そもそも一気にメモ処理をしなくて済むように、Evernoteには「情報をいたずらに溜め込まない」ことを心がけています。

例えば、洗い物も数枚なら楽ちんでも、2~3日分の食器が貯まるとなかなか大変ですよね。
そうならないように、そもそも「洗い物(情報)を増やさない」「溜め込まないで処理しちゃう」ようにしています。

最後に

今までいろんなノート術を試してきましたが、最近はだいたいGoogleKeepとEvernoteとPocketの3つ運用に落ち着いています。
紙のノートを使っていた時期もありますが、ノートを書く時間を取れないことがあるのと、スマホのほうが書くのが楽なので最近はもっぱらGoogleKeepを愛用しています。

まあ、楽なのが一番ですよね。