LIFENote

大学生が気ままにブログを書いてます。

書くことは、考えることと同じ。

僕は書くことが好きだ。

理由もなく文房具を見に行ったり、毎日ノートにいろいろ書き綴ったりしている。

書くことはそのときによって様々だけど、とにかく、書くことは僕の生活の一部になっている。

今回は、そんな「書く」ことについて考えたことを記す。

書くことは、思考をまとめる手段

書くことは、自分の考えを言語化し、客観的に見つめ直す行為だ。

つまり、書くことは自身の考えを整理するための手段なのだ。

そう考えたとき、「書くこと」が好きな人は「考えること」が好きな人とも言える。



…続けて書く内容が思いつかないので、ここで中断。

またこの文章を見て追記するかもしれないし、しないかもしれない。

いずれにせよ、こうして思考を文章として残しておくことは、"思考の途中保存"であり、またこの文章を見れば、その時に考えたことを思い出すことができる。

書くことには、こういったメリットもある。