LIFENote

大学生が気ままにブログを書いてます。

「1日1タスク」シンプルタスク管理で生産性を上げる

その日1日のやること・やりたいことをタスクリストやTodoリストとしてリストアップしている人は多いと思います。

ですが、そのリストのほとんどのタスクは無事完了できているでしょうか?

おそらく、ノーと答える人がほとんどでしょう。私もそう答えます。


そこで、1日1つのタスクのみ設定するという「シンプルタスク管理」を提案してみました。ご参考までに。

やり方

方法としては単純に、その日にどうしてもやりたいことを”1つ”だけリストに書き出すという至ってシンプルなものです。

2つ以上書きたくなる気持ちもありますが、必ず1つにとどめましょう。もし、2つ目のタスクもこなしたいのなら、1つ目のタスクを完了したあとで取りかかればいいだけです。

メリット・効果

このシンプルタスク管理のいいところは、その日やるべきことをたった1つに設定することで、その1つにエネルギーを集中しやすくなることです。

選択と集中、ですね。

そもそも、基本的に人間の脳はマルチタスク(2つ以上のことを同時に行うこと)に向いていません。

1つのことに集中することでタスクの達成率が上がるのは、脳科学的な観点から見てもよくわかりますね。


それに、1日にやることがたくさんあると思うと、精神的にもまいっちゃいますよね・・・。ああ、こんなにやらなきゃいけないのか、みたいな。

あとがき

僕にはこのシンプルなタスク処理が合っていたみたいで、最近は時間も忘れてサクサク行動できています。

最近始めた「プチ断食」の効果で集中力が増している影響かもしれませんが。笑

なかなかタスクが完了しないという方は、もしよければこのシンプルなタスク管理方法を試してみてください。なかなか効果ありですよ!