読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFENote

大学生が気ままにブログを書いてます。

「キラキラネーム」で子供が後悔しないために親ができること

今朝、久しぶりにキラキラネーム、DQNネームについてのニュースを見ました。

それについて思うところがあったので書いていきます。

キラキラネームは子供のためか?

キラキラネームに限らず、名前をつける行為というのは、「こんな風に育ってほしい」という親の願いが込められています。

これに関しては今も昔も変わってはいないでしょう。
ですが、私が言いたいのは「安易に名前をつけるな」ということです。


例えば、アニメや漫画のキャラクターから名前をもじったものとか、ファンタジーな名前を当て字にして名前をつけてしまうとかです。

ピカチュウなんて論外ですよ。


こうやって名前をつけられた子供に名前の由来を聞かれたときに、子供はどう感じるでしょうか。

そんな安易に名前をつけられて嬉しいのでしょうか。
きっとそんなことはないと思います。

キラキラネームを批判する気はない

キラキラネーム自体を批判する気は毛頭ありません。私は他人の子供の名付けに口出しするつもりもないし、してはならないと考えてます。

でも、子供が嫌だと思うような名前だけはやめたほうがいいと思います。


たとえキラキラネームだとしても、しっかりと意味が込められているのなら良いと私は考えてます。

まぁ、そうは言っても限度はあるでしょうが…。


何はともあれ、子供の名前をゲームのキャラクターを作成する感覚で決めるのはやめましょう。


子供には子供の人生があります。
その人生はたとえ親であっても妨げてはなりません。

その名前が本当に我が子のためになるのかどうか、よく考えてあげてください。

子供の名前が危ない (ベスト新書)

子供の名前が危ない (ベスト新書)