読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFENote

大学生が気ままにブログを書いてます。

「ソシャゲの楽しさ」は何なのか考えてみた。

どうもこんにちは。ゲームは大好物なけなふです。

パズドラやディバゲをはじめとしたソシャゲをいろいろやってきましたが、そのソシャゲについて思ったことを綴っていきます。

ソシャゲの楽しさ・面白さ

1.強くなるまでが楽しい

ソシャゲは強くなるまでが一番楽しい。私は手持ちにある限られたキャラだけで、「どうやって攻略しようか」と考えるのが好きなので、ゲームを始めたての頃が一番楽しいんです。

反対に、ある程度キャラが揃ってきて、自分が強くなってくると、だんだんと飽きてきます。

まぁその頃になってくると、もうそのソシャゲをやりつくした感じがあります。それ以降はモチベーションが下がってくる。

2.かわいいキャラを集めるのが楽しい

あとは、単純に好きなキャラをガチャで引き当てるのが楽しいこと。

そのキャラを実際に使うかどうかは別として、なんか欲しくなるんですよね。課金とかはしませんよ。

プレイしてるソシャゲが時分の好きなアニメ作品とコラボしたら、意地でもそのキャラをゲットしたくなっちゃいますよね。そんな気持ちです。

1ヵ月も経てば、だいだい飽きる

ソシャゲに限らずどのゲームにも言えることですが、どんなゲームもやっていれば必ず飽きがきます。

経験上、どのゲームも1カ月くらいやったら飽きてしまいます。

飽きっぽい性格のせいかもしれませんが。

飽きるまで楽しめばいい

でも、それでいいと思います。

1ヵ月ゲームをプレイして、やめてしまったとしてもその1ヵ月の間はゲームを楽しめていたわけですから。

飽きたらそのまま放置、もしくはアンインストールしてしまえばいい。そんなノリでいいんです。

楽しめなくなってきたら無理にプレイする必要もありません。

ソシャゲはおもしろいのか?

「ソシャゲって何がおもしろいの?」なんて疑問が、私の頭に浮かんできたので、それについて考えたことをまとめてみました。

ゲームの楽しみ方は人それぞれだけども、私はパズドラを何年間もやり続けるなんてことはできません。絶対飽きます。というかもう飽きてます。

でも、パズドラを始めたての数か月は間違いなく楽しめていました。


そんなわけで、ソシャゲは「楽しいと思ってるうちはやればいいし、飽きたならやめればいいじゃん!」というのが私のスタンスです。

まとめ

  • ソシャゲは飽きるまで楽しむくらいでちょうどいい。